「ほっ」と。キャンペーン

UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

ポジショニング

みなさんはじめまして、1年生のPhantom です。ちなみにPhantom とは前職のコンサルファーム時代のニックネームで、詳しくそのいきさつを聞きたい!という方はぜひLAまでお越しください。前職におけるディレクターは、クライアント・ミーティングにおいても私のことをPhantom と呼んでおり、あるとき、クライアントが不思議な表情を浮かべていたのを私は見逃しませんでした。

さて、何について書こうかと悩んだのですが、一芸人としてはアメリカにおける笑いのツボについて書かないわけにはいきません。基本的に、語学の壁がある場合は、普通にしていただけではなかなかクラスの中で存在感を発揮したり、クラスの輪の中に入っていくのは容易ではありません。ではどうすればいいのかということですが、「面白いヤツ」だと思わせることが全てだと言えるでしょう。

そのためには、特にクラスのマジョリティを占めるアメリカ人に受けるネタを作り込む必要がありますが、笑いのツボが異なるため、日本におけるネタや芸風をそのまま適用したのでは、成功の確率は高くないと考えられます。様々なサーベイやヒアリングによれば、ダチョウ倶楽部やドリフターズのような分かりやすい芸がアメリカ人に比較的受けるようです。従いまして、これまで異なる芸人ポジションをとってきた方にとっては、そのポジショニングを修正する必要があります。

そのようにしてネタを作り込んだら、あとはアクションを起こすのみです。幸い、アンダーソンではチャレンジをリスペクトする風土がありますので、勇気をふりしぼってクラス(もしくは学年全体)の中で芸を披露してみましょう。みんなの爆笑とリスペクトが待っています。
[PR]
by andersonite | 2009-10-11 14:55 | 学業
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28