UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

Andersonとエンタメビジネス

はじめまして。1年生のKCです。
早いものでAnderson最初の学期である秋学期が無事終了しました。

そこで、今回は私のとっての”Why Anderson?”の決め手となったエンターテイメントビジネスを学ぶという観点から秋学期を振り返りたいと思います。

①授業
Andersonの1年生の秋学期は、コア科目(日本の大学でいう必修科目)のみで、アカウンティングやマーケティング等の基礎科目が中心となります。
なので、授業でエンタメビジネスに関して触れる機会は無し。残念。。。
ただ、先輩方から伺うとEntertainment Law等、履修すべき科目は今後多くとることができるよう。そうした科目を効果的に学べるように1年生の今はビジネスの基礎知識を固める時期という感じでしょうか。

②クラブ
AndersonにはEMA(Entertainment Management Association)というクラブがあり、エンタメ業界に興味がある学生のほとんどが参加しています。ここでは、実際に大企業でバリバリ活躍されている方による講義や、クラブ主催の企業訪問など多くのイベントが行われます。
秋学期に行われたイベントの中では、FOX Entertainmentへの会社訪問が最も印象的でした。FOXは本社に撮影所も隣接していて、会社というより一つの街のようなスケール感で会社に足を踏み入れるだけでも感動ものの体験。さらにFOXが手がけた様々な映画のポスターが散りばめられた会議室という最高の雰囲気で、社員の方からFOXのビジネスについて話を聞くことができ、LAで、しかもAndersonという学校に通うことができて本当に良かったなーと思えた瞬間でした。

③卒業生のネットワーク
また、学校での活動以外でもAndersonの学生をいう地位を活かしてエンタメビジネスを勉強する機会があります。それは、Anderson卒業生とのネットワーク。LAのエンタメ業界では多くのAnderson卒業生が活躍しています。そうした卒業生は基本的にみんな良い人ばかり。かわいい後輩が連絡をとってくると、皆快く会って話をしてくれます。
実際に日本人卒業でも、LAのエンタメ業界で起業して活躍されている方もいます。中でも私も色々とお世話になっている三石勇人さんは、東洋経済の特集にも登場されています。興味がある方は是非チェックしてみてください。

東洋経済オンラインの記事
https://www.toyokeizai.net/life/hobby/detail/AC/2eadba06c47fb6b4abe6cd48bdbc407d/

東洋経済12月19日特大号(12月14日発売)
f0185831_95589.jpg












と、こんな感じでエンタメビジネスに興味がある人にとってAndersonは最高の環境だと早くも3ヶ月間で実感することができました。こうした分野に興味がある受験生の方は是非Andersonへのアプライを検討してみてください!
[PR]
by andersonite | 2009-12-18 10:03 | 自己紹介
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30