UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

Japan Trip 2010 - Day 0 関西ツアー其の弐:旅情編

(前回に引き続き、関西ツアーの話) いかに日本で生まれ育っていようとも、手水について詳しく作法を説明できる人はそうそういません。感心して聞いていたのですが、後で本人にそのことを聞いてみると、「いやー、あれテ○トーですよ~」との力強いコメント。うーん、自信のないことを自信満々でしゃべるというのも、一つグローバルで活躍するための重要なスキル。ある意味うならされた瞬間でした(後日談:後でウィキペディアで調べたら、かなり正確に説明していたことが明らかになりました)。ちなみに、Trip中はかなりの勢いで質問責めに会い、それらについてどのように「大人の回答」をしていくかというのは、なかなか悩ましい問題でした。やはり、日本にン十年と住んでいても、分からないことは多いものです。

さて、その後はバスに乗って京都駅に移動。本当は、駅ビルで抹茶と茶菓子を食す予定だったのですが、道が想像以上に混んでいたためにしぶしぶスキップせざるを得ませんでした(ちなみに、私の通っていた幼稚園では茶の作法を教えていた関係?で、茶菓子は私の大好物。デザート・ランキング上位10傑に入ります)。東京から新幹線で来た、号して25万のアンダーソン軍別働隊(実数25人)と合流し、一路大阪を目指すのでした。

大阪で昼食をとったあとは、キン肉マン王位争奪戦決勝戦(これが分かる人はどのくらいいるのでしょうか・・・)の舞台でもある大阪城に向かいました。ところが、その道すがら、思わぬ強敵が。大阪城ホールの手前でストリート・ミュージックを奏でる軍団が現れました。彼ら(おそらく高校生程度と思われる)は、某ナ○スを模した衣装に身を包み、何やら意味不明な音楽を演奏しています(明らかに、その姿が何を意味しているのかということを深く考えていない)。時間の都合上まっすぐに大阪城に行きたかったのですが、当然のように我らがアンダーソンご一行は、そんな彼らに興味深々。有名人の記者会見の如くデジカメで撮影をしている中、どんな歌詞なのか、という質問を受けましたが、日本人である私にすら何を言っているのか不明だったため、答えようがありませんでした・・・

この強敵を突破すると、息つく暇もなく、新たなる刺客が我らを待ち受けていました。それは、屋台のオッサンで、英語がまったくできないにも関わらず、商魂たくましくフルーツを売りつけてきます。その迫力と話術?に押されてか、普段は交渉等においても我々日本人を寄せ付けない、アンダーソンの学生たちがフルーツを買っていきます。うーん、大阪の商人恐るべし・・・といったところでしょうか。そんなこんなで、大阪城にたどりついたご一行は、天守閣へと登り、次の目的地に向けて進発したのでした。

続いては、大相撲観戦。それにしても本日の行軍は、本物の軍隊のように徒歩が多く、非常に疲れます・・・正直、相撲観戦(決して安くない)がどこまで人気があるのかと思っていたのですが、ふたを開けると45人以上が参加する大盛況。この状況の中、チケット確保に奔走してくれたオーガナイザー某氏(先ほどの人物とは別人)にはこの場を借りて感謝!個人的には、白鵬の、いわゆる横綱相撲を見ることができ大満足。参加者も一様に満足してくれた模様で何よりでした。  

長くなってきたので次回に続く

<次回予告> 道頓堀の某お好み焼き屋でアンダーソンの「イッキ」コールが高々と鳴り響く中、大阪の夜はまだ終わらない。果たしてその結末とは!?
[PR]
by andersonite | 2010-04-12 15:11 | 課外活動
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31