UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:未分類( 11 )

UCLA Anderson学校説明会のお知らせ

今年で9回目迎える「夏恒例」のUCLA Anderson School of Managementの学校説明会を来る8/29(日)に東京にて開催いたします。UCLA Andersonのその年の卒業生が中心となって自主的に企画・開催されるこのイベントでは、学校紹介プレゼンテーション(卒業・在校生が作成するオリジナル版)、パネルディスカッションに加えて、バックグラウンドや希望職種・業種ごとの小グループに分かれたQ&Aセッションを行います。UCLA Anderson合格を目指す方、出願を検討している方はもちろん、なんとなく興味のある方々にも、是非真のAndersonを知っていただきたいと思います。

 UCLA Andersonとはどんなビジネススクールなのか?
 在校生や卒業生たちがどのように出願プロセスを乗り切ったのか?
 UCLA Andersonでの実際のMBA留学生活はどれほど大変で、楽しく、エキサイティングで充実しているものなのか?
 留学生はどのような学校生活(クラスやクラブ・課外活動など)、私生活を送っているのか?
 卒業した後、UCLA Andersonの卒業生はどのような分野で活躍しているのか?留学中に培ったスキルやノウハウ、人脈がどのように活きていると実感しているのか?
 これからUCLA Anderson合格を目指す方々に向けてのアドバイスは?
 そもそも、UCLA Andersonにはどのような人たちが集い、学び、活動し、生活しているのか?


以上のようなことを含め、UCLA Andersonを様々な角度から理解していただく絶好の機会です。せっかくの日曜日午後の時間となりますが、どうぞUCLA Andersonを体感して下さい。毎年行ってきたこのAnderson「夏」イベント。今年もまた、一人でも多くのMBA志望者の皆様にお会いし直接お話できることを、卒業生・在校生一同心から楽しみにしております。

当日会場でお会いしましょう!
2010年8月
UCLA Anderson 夏イベント企画幹事一同


【日時】 8月29(日)13:30-16:30
【場所】 ヴィラフォンテーヌ汐留 (http://www.hvf.jp/shiodome/)
【予約】 アゴス・ジャパン ホームページ(https://www.agos.co.jp/onlineservices/modules/agendax/?op=view&id=1689)

【費用】 無 料
【説明会スケジュール(予定)】
13:00      受付開始
13:30      イベント開始
13:40-14:10  学校紹介プレゼンテーション
14:10-15:10  卒業生・在校生パネルディスカッション
15:20-16:30  卒業生・在校生とのフリーディスカッション・Q&A
(小グループに分かれて行います)


f0185831_1134241.jpg
[PR]
by andersonite | 2010-08-20 11:36

WESTWOOD 日記 (ファイナル)

こんにちは。こうしてまた、WESTWOOD 日記という名でブログを書くとは夢にも思ってみませんでしたが、ラスベガスへの卒業旅行中に、1年前と同じ気持ちになりましたので、最後の日記を、このアンダーソン・ブログの場を借りて、書かせて頂くことにしました。

いつから始まったのか、この頃に、2年生が集まってラスベガスに卒業旅行に行きます。昨年は1年生が何人か旅行のお手伝いをしに行ってたので、自分が卒業する年も開催されたら絶対参加しようと思っていました。卒業後に行くと思っていたので、あまり確認してなかったのですが、友達から Dis-O に行くのにあと2人必要だから、来ないか?と言われ、Dis-Oってなんやねん?(英語)と聞くと、どうやら、ラスベガスへの旅行のようである。油断してた!でも、間に合ってよかった!と思い、ぜひ、一緒に行こう、とメールを返信。

しかし、授業などもあって、メールのやりとりに2日ほどかかってしまい、その間になんとチケット売り切れ!嘘やろー、状態。卒業旅行でチケット売り切れとかありか!と思ったのですが、ここはアメリカなので、基本的になんでもありです。どうしても行きたくなってきたので、担当者の連絡先を聞くと、どうやら、月曜日に追加のチケットを24枚だけ販売するとのこと。ちなみに、ここまでで200人が登録している模様なので、24枚の中途半端さに違和感を感じたが、あまり考えずに、そのうち2枚を確実に確保することに集中(ちなみに誘ってくれた友達は、もう一度参加するか考えてみるので自分で進めていいよ、とのこと)。お昼休みに一番乗りで、コートヤードへ。販売前の準備中のところ、購入させてもらう。(やった!)

さぁ、これからパートナー探し。結局、AMRで一緒だった友達と一緒に行くことになった。場所はラスベガスのPalms Place。ホテルつきのチケット(4人1組)が売り切れてしまったので、自分で予約する。この頃、授業の最終プレゼン、AMRの顧客プレゼンなどでかなり忙しいので、バタバタとしてしまったが、なんとか旅行にいけるようになって一安心。

さぁ、当日、朝10時過ぎに出発(車にて)。相棒を迎えにいくと、そのマンションの前で他のアンダーソンの生徒も、待ち合わせをしていた。みんなドライブで向かうのか!雰囲気でてきたじゃないか!

午後4時に到着。ドライブ、疲れました。ちなみに相棒は半分寝てました。長距離ドライブで、同乗者が寝ていると、自分も眠くなることに気づく(注意しなければ)。ホテルに行くと、アンダーソンのメンバーがチェックインをしていた。自分たちもチェックインして、部屋へ移動。高級な部屋に感動。

f0185831_14484983.jpg


夕方のきれいな眺めに、感動。

f0185831_1449135.jpg


ショーでも見に行こうか、と話していたが、今日はゆっくりとシャワーを浴びて、お酒を飲んで、10時半からのパーティーに備える。10時に待ち切れず、会場へ。ちなみに、一日目は貸し切りではなく、他のお客さんも一緒の所。セキュリティーチェックのところで、ゴールドのリストバンドを見せると、これはなんだ!と、いかつい人たちが相談を始めた。無線で連絡をとったのか、ゴールドは通せ!とのこと、でエレベーターへ。そして、高いところへ。たぶん、一番乗り。まだ知ってる顔はいない。10分ほどすると、アンダーソンの生徒が来始めて、30分後くらいにはフロアーが一杯に!11時からは一階上のクラブがオープン。この辺から、もみくちゃでよく分からなくなってくる。一緒にいた人ともはぐれることになるが、まわりはいつもアンダーソンの生徒で一杯。(ジャパントリップの六本木以上の勢い)

f0185831_14491443.jpg


とりあえず、景色もきれいで最高。しかし・・・痛恨の、腹の調子が悪くなり、朝3時前に部屋に戻ることに・・・。多くの人は朝まで全開だった模様。ルームメイトは朝8時ごろに戻ってきた。

f0185831_14492449.jpg


次の日は、朝9時からプールでのパーティー。起きれるわけないので、11時ごろから準備して、たぶん、12時過ぎに参加。すでに、アンダーソンの生徒でプールが一杯に。ものすごい体力。ちなみに、日本人の感覚で、プールサイドでたたずもうと思っていたので、海パンをもっていかなかった。でも、基本的にはアルコールを飲んだ後に、プールの中に温泉のようにつかって、みんなと交流するのがアメリカ流?らしい。ちなみに、これまでに見たことのない光景。(アメリカドラマのシーンを超える勢い)。残念ながら、自分は海パンなしのためプールの水に足を浸すだけにとどまった。2時間ほどたつと、みんな酔っぱらって、行動がおかしくなってきた。プールの中の、酔っぱらい集団である。そして、AMRメンバーだった友達が、おれ海パンはいてないけど半ズボンでそのまま飛び込むよ、と仲間を求める目線。というわけで、自分も半ズボンのまま、入ることに。Tシャツも抜いで、鍛えられてない体を披露。でも、すぐにどうでもよくなってくる。ズボンは水浸しで重くなったが、でも、一緒に遊べてよかった。

f0185831_1449345.jpg


夕方5時ごろに解散。

f0185831_14494548.jpg


その後、ルームメイトと、ご飯を食べて、ショーを見に行って、最高な気持ちになった(2年間が終わる・・・)。そして、8時から始まっていたスイートルームでのアンダーソン貸し切りパーティに合流。アメリカのTVシリーズで使っていた場所らしい。人が一杯で身動きできず。チケットに売り切れがある理由が分かった。また、高層階なので眺めもよかった。1年前のジャパントリップの最後のパーティーを思い出す。さすがに2日連続で、飽きてくるので、夜2時すぎには人が少なくなってきた。そろそろ、帰るか。部屋に戻って、夜景を眺めながら、これでアンダーソン生活も終わりだな、と感じる。2年間、いろいろあった。


さよなら、ラスベガス。そして、もうしばらくしたら、さよならロサンゼルス。


f0185831_14495890.jpg

[PR]
by andersonite | 2010-06-09 15:58

AMRプロジェクト

更新がしばらく滞っていてすみません。
こんにちは。2年目にして初投稿の湾岸スキーヤーです。人生初のブログ投稿でちょっとドキドキしています。よろしくお願いします(笑)

今回は、アンダーソン名物のAMRについてまたまたお話したいと思います。すでに何度か紹介していますが、AMRとはApplied Management Researchの略で、言わばアンダーソンの学生にとっての卒業プロジェクトです。5,6人のグループに分かれ、主に企業をクライアントとして、実際の経営課題について5ヶ月間かけてコンサルするというものです。期間としては、秋・冬学期か冬・春学期の二パターンあります。奇しくも今日が秋・冬学期組のレポート提出期限らしく、今日図書館に行ったら、喧々諤々の議論をしているグループを多数見かけました。

私のグループは冬・春学期組なので、まだ中間地点ですが、これまで2ヶ月ほどやってみて、いろいろ思うところがあったので、みなさんとシェアしたいと思います。

まず、チームワークについて。MBAではグループワークは日常茶飯事ですが、5ヶ月も一緒にいなければならないAMRにとって、チームワークは殊更重要です。AMR前はいい友達だったのに、AMRで関係がこじれ、もう口も利かなくなったという話も聞くほど。。。AMRの負荷を物語っています。
そのような事態を避ける手段の一つとして、チームカウンセリングセッションが設けられています。カウンセラーを交え、チームメイト同士、日頃お互い思っていることを言い合うという非常にアメリカンな取り組みです。日本人の私としては、表立って誰かを評価したり評価されたりするのは、なんとも恥ずかしい感じがするので、正直こういうの苦手、、、と思っていましたが、先日実際にやってみて、やはり思っていることをはっきり口に出すことで、自分の思ってることを再認識したり、新たな気づきにつながったりと、それなりに役立つものだなと考えを改めさせられました。
話し合う内容としては、チームメンバー一人一人が、1)自分がこれまでチームに貢献してきたこと、もっと貢献できることを話し、2)他のメンバーがそれに対して評価する、といったものです。ただの表面的な感想の言い合いになるかと思いましたが、私のチームメンバーは、私を除き、かなり真面目なので(いい意味で)、本当に思っていることを率直に言い合うことができ、さらに絆を強めることができました。
それにしても、後腐れなく率直に自分の考えを言い合える環境をつくれる、この合理性はアメリカンビジネスマンの強みだなと、今更ながら感じました。

私のAMRプロジェクトの内容(HIVエイズの母子感染防止)についても、ちょっとご紹介しようと思いましたが、区切りがいいので、ひとまずここで、一回終わります。では。
[PR]
by andersonite | 2010-03-06 11:43

Jack Welch

4年前にジャックウェルチ氏が来られたときの映像が YouTube に登録されていましたので、ご紹介します。







人気ブログランキングへ
[PR]
by andersonite | 2009-10-24 06:09

Follow your dreams, then Dream bigger


MBAにてビジネス全般の勉強をして、興味のある選択科目をとって、しばらく勉強していますと、どうしても現場に戻りたいという気持ちが湧き上がってきます。そのようなときに、現場の感覚を取り戻させてくれるのが UCLA Anderson のスピーカーシリーズです。企業のトップの方が来て、従業員に話すように、スピーチ、質疑応答などをしてくれます。去年は、Intel CEO の Paul Otellini 氏なども訪れてくれました。

最近、UCLA がいくつかの講演を YouTube にて公開してくれていることに気づき、しばらくみていましたら、Starbucks CEO の Howard Schultz も去年来てくれていたようです。ちょうど今週の Market Entry のクラスで、かなり長文のケースを読んだばかりでしたので、この人があの情熱家か!と一気にイメージが沸きました。

アメリカのトップの人の話を直接聞く機会はなかなか少ないので、雰囲気を感じるだけでも満足感があります。



[PR]
by andersonite | 2009-10-10 17:30

2009年、秋学期始りました!

しばらくブログの更新が止まっていましたが、2009年の秋学期も始まりましたので、リニューアルオープン致します!

今、新学期初のアンダーソンアフタヌーン※から帰宅して、ほっと一息ついています。今年は2年目になりますが、慣れたとはいえ意外と気が抜けず、昨晩は朝4時頃までミニレポートを書いていました・・・。

※毎週木曜日にアンダーソン校舎横の広場にて、ピザやビールなどが提供されて、勉強や就職活動の疲れを癒します。また、企業がスポンサーになってくれて、テーブルが置かれることもあります。

今学期は、Lieberman 教授の「Strategies for Market Entry」がお気に入りです。アンダーソンアフタヌーン直前の3時間、レクチャーとケース、ゲストスピーカーの組み合わせの授業。 アンダーソンはアントレプレナーシップに強いと言われますが、ファイナンス系のアントレ授業、ベンチャー業界を知るための授業、ベンチャーキャピタル・PEの授業など、看板的なクラスがある中で、このクラスは歴史が浅く、Lieberman 教授が他のアントレ系の授業とオーバーラップが無いように企画してくれたものになります。位置づけとしては、コアコースの「戦略」の授業に近く、事業立ち上げフェーズでの戦略フレームワーク(有名なブルーオーシャン戦略などが出てきました)を意識しながら、ケースやゲストスピーカーの生の声を聞き、自分自身もイノベーションを起こしていけるようになることを目指します。

アンダーソンアフタヌーンにて同級生と話をしていたのですが、ケーススタディーは特に仕事の経験が比較的長い人に有効で、自分の過去の経験のベースの上に、ケースでの疑似体験を重ね上げて、あたかも長年、いろんな分野で働いてきたかのような、渋いマネジメントスキルを得られるのではないかと思います。また、仕事の経験が少なくても、リアルにケースにはまり込むとともに、ケースの中の事象にピン!と反応できる人は、同じように疑似ビジネス経験を効率的に増やしているように思います。

Strategies for Market Entry のクラスの話に戻りますが、ホンダや任天堂のケースを最初の授業で取扱い、日本人の私たちにとっても身近に感じられるクラスです。最初、Entrepreneurship とホンダのイメージがリンクしなかったのですが、ホンダが苦労してアメリカのマーケットに参入して、ブランドを築き上げた時代の話で、Entrepreneurship を磨くといっても、Google や Facebook のような最近の事例からだけでなく、過去の、しかも身近な日本の事例から学ぶこともあるということを気づかされた授業でした。

こんな感じで、まだ一週間が過ぎた時点ですが、2年目は選択コースが主体で、どれだけ前もって準備ができるかで Take away がかなり変わってきそうです。
[PR]
by andersonite | 2009-10-02 12:56

UCLA Anderson 学校説明会 2009年8月30日(日)

UCLA Anderson の学校説明会が今年も開催されることに決定いたしました!UCLA Anderson、ロサンゼルスにご興味のある方、また MBA についてもっと知りたい方などなど、ふるってご参加ください。

フレンドリーな在校生、卒業生が以下のようなご質問にお答えいたします!

・UCLA Anderson とはどんなビジネススクールなのか?
・在校生や卒業生たちがどのように出願プロセスを乗り切ったのか?
・UCLA Anderson での留学生活はどれほど大変で、楽しく、エキサイティングで充実しているものなのか?
・留学生はどのような学校生活(クラスやクラブ・課外活動など)、私生活を送っているのか?
・UCLA Anderson 卒業生はどのような分野で活躍しているのか?
 留学中に培ったスキルや ノウハウ、人脈がどのように活きていると実感しているのか?
・これから UCLA Anderson 合格を目指す方々に向けてのアドバイスは?
・そもそも、UCLA Anderson にはどのような人たちが集い、学び、活動し、生活しているのか?

日時につきましては、8月30日(日) 午後になります。詳細はアゴス様ホームページにてご確認ください。

アゴス様ご案内ページへ
[PR]
by andersonite | 2009-07-06 11:16

UCLA アンダーソン合格者お祝い会

ジャパントリップの後しばらくしてから、今年の合格者の方々を卒業生でお祝いしたいとのご連絡を頂き、在校生からもお祝いのメッセージを送らせて頂いていました。そのお祝い会の模様が、アゴス様のブログで紹介されましたので、ご紹介いたします。

http://blog.agos.co.jp/yokoyama/entry/2009/04/281006

今日は木曜日ということで、アンダーソンアフタヌーンがあり、上記お祝い会に参加されていた合格者の方ともお話させて頂く機会がありました。1年間を振り返ってお話をしていると、自分もかなりの道のりを歩いてきたなと感じました。クラスメイトに合格者が来てるんだよ、と言うと(最高だから)絶対 UCLA を選択するように!とのことでした。
[PR]
by andersonite | 2009-05-01 14:29

UCLA Campus & Dormitory

2008年最後の投稿です。散歩がてらUCLAのキャンパス、学生寮を撮ってみました。今はものすごく静かです。



0:08  Wooden Center。ジム
0:20  Bruin。UCLAのマスコット。熊の銅像
0:41  Ackerman Union。UCLAグッズ、文具、本、レストラン等
0:58  Ackermanから撮影。奥のレンガの建物がAndersonの校舎
1:15  キャンパス中央の広場。本ブログの背景もこのあたりで撮影しました
1:30  COLLINS CENTER。Andersonの校舎は6つから成っています
1:50  6つのうちの2つの校舎。位置関係は、3:13参照
2:30  4つの校舎に囲まれた中庭。授業と授業の間は、ここでリラックスしてます
3:05  カフェ・ローマ。キャンパスビジットされる方とはここでランチします
3:13  校舎位置関係
      先ほどのCollinsが左下。中庭の周りに4つの建物と右上は図書館
3:30  図書館
4:12  別の角度からAndersonの校舎を撮影
4:28  キャンパス中央広場から見えた階段の上から撮影。
      奥のほうに様々な学部の校舎があります
5:31  今度は、その階段上段から撮影
7:07  学生寮。通称Weyburnウェイバーン。非常にきれいな建物です
      白い建物すべてが寮
8:33  キャンパスの外(南側)

※何度も見ると、目が回り、吐き気を催す可能性があります

それでは、良いお年を。
[PR]
by andersonite | 2008-12-31 03:48

Paul Volcker

読者のみなさん、こんばんわ。

コーヘーです。


ポテチ、くいすぎてます。 

一袋(312g)完食まで後一歩と迫りました。


日本のポテチは通常一袋95g。 なので、その3倍超。

満足度、後悔度とも◎です。


因みに、100円ショップで売られているポテチは75gです。



さて、

Paul VolckerがEconomic Advisory Chairに指名されましたね。

Obamaの記者会見を観て、知らんオヤジが横に立ってるねぇ、
と思っていたら、Paul Volckerでした。 失礼しました。

81歳とは思えない男前です。 


折りしも、

マクロ経済の授業で、第二次オイルショック時のPaul Volckerの
金融政策を扱ったばかり。

20年後の今、実物を見られるとは。


他方、マネジメントの授業で、BailoutとEquity Infusionが
企業経営者のインセンティブに与える影響が扱われました。


景気が悪いのは良くないですが、授業の題材には事欠きません。


円高の行く末が気になる今日この頃です。


でわ。
[PR]
by andersonite | 2008-11-29 17:33
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30