UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:学業( 12 )

200ページ

ナマステー

コーヘーです。


終わった。やっと終わりました。。 ビールがうまい。


今週はマジきつかった。


なぜ? 

それは、先週末まったく勉強してないから、、でしょう。 間違いなく。
やはり週末の蓄積がないとキビシイですな。


水曜日までは何とかで持ち応えましたが、本日撃沈。

本日1コマ目: 管理会計: ケース&読み物で、計27ページ。 ま、アリ。
本日2コマ目: マーケティング: テキスト6章と9章で、計78ページ。 むっ。。
本日3コマ目: オペレーション: ケース2本&読み物で、100ページ。 はうっ!!

総予習量: 約200ページ


この物量を把握したのが昨晩ですから、まぁ、ムリですわな。 

笑っちゃいました。


とは言っても、1コマ目と3コマ目のコールドコールがあるんでね。
やりましたよ。何とか、間に合わせで。。 

ま、全てを読み込んでいく必要もないんですけど、
今期は結構フォローしてきたんだけに、ビハインドしたのが無念。。


ということで、今週末は勉強です。

来週は中間テストが2つに、提出課題も2つありますし。


ですが、、

先ずはテニス。 明朝8時より。 


そして、今日は寝ます。 


でわ、おやすみなさい。
[PR]
by andersonite | 2008-10-31 15:02 | 学業

コア授業について

今週でMBAの本プログラムが始まってから4週間が経ちました。まだまだ始まったばかりですが、少し授業の感想などを書かせていただければと思います。(長いです)

アンダーソンの秋学期のコア科目は、マーケティング、統計、会計、経済(ミクロ)、ファイナンスの5つです。ファイナンスは後半から始まるので今のところ4つを体験してきたことになります。

とりあえず、私の感想はケースが面白いということです。実際に存在する会社の名前が出てくるというのは、勉強するにあったって非常に興味をそそられます。私は日本の教育しか受けたことがありませんが、日本の教科書や授業において、あんまり実際の会社の名前を見た記憶がありません。(さぼってたからかもしれませんが・・・)A社、B社といわれるより、SonyがTOYOTAがといわれたほうが興味がわきます。

アンダーソンに限ったことではないと思いますが、授業や教科書には実際に存在する会社の名前がバンバン出てきます。マーケティングの授業では過去の会社のCMなどが頻繁に登場します。実践的な感覚を養う上で、実際の企業の戦略等に触れるのは非常に楽しいです。

マーケティングや会計では比較的、実際のケースを使いやすい思いますが、統計や経済の授業においても、教授は学生がわかりやすいようにケースを組み込んだり、新聞の記事を使って今までやってきたレクチャーの内容を説明したりします。

私はビジネススクールを選ぶうえで、論理的な授業と実践的な授業のバランスがとれている学校を選ぶようにしていました。理論があって初めて実戦的な経験が生きると考えていたからです。最初の一年間はケースをからめつつ、強力な理論の基盤を築いた上に、AMRでさらに実戦的なスキルを磨くというアンダーソンのカリキュラムは私にとって理想的だと思ったのを覚えています。実際に授業を受けてみて、今のところアンダーソンのコアの授業のケースとレクチャーのバランスはちょうどいいと考えています。

ただ、ひとつだけネガティブな点を挙げるとすれば、教授が選べない点です。中にはわかりにくい教授もいたりします。

ということで以上です。
[PR]
by andersonite | 2008-10-25 07:48 | 学業
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31