UCLA Anderson 日記   Sunshine, Beautiful campus, People

uclabruin.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

200ページ

ナマステー

コーヘーです。


終わった。やっと終わりました。。 ビールがうまい。


今週はマジきつかった。


なぜ? 

それは、先週末まったく勉強してないから、、でしょう。 間違いなく。
やはり週末の蓄積がないとキビシイですな。


水曜日までは何とかで持ち応えましたが、本日撃沈。

本日1コマ目: 管理会計: ケース&読み物で、計27ページ。 ま、アリ。
本日2コマ目: マーケティング: テキスト6章と9章で、計78ページ。 むっ。。
本日3コマ目: オペレーション: ケース2本&読み物で、100ページ。 はうっ!!

総予習量: 約200ページ


この物量を把握したのが昨晩ですから、まぁ、ムリですわな。 

笑っちゃいました。


とは言っても、1コマ目と3コマ目のコールドコールがあるんでね。
やりましたよ。何とか、間に合わせで。。 

ま、全てを読み込んでいく必要もないんですけど、
今期は結構フォローしてきたんだけに、ビハインドしたのが無念。。


ということで、今週末は勉強です。

来週は中間テストが2つに、提出課題も2つありますし。


ですが、、

先ずはテニス。 明朝8時より。 


そして、今日は寝ます。 


でわ、おやすみなさい。
[PR]
by andersonite | 2008-10-31 15:02 | 学業

Alumnus at Winery

IKEです。

今週末は、3日連続、アンダーソンのアルムナイに会ってしまいました。

金曜日は、渋谷にある留学予備校大手社長を囲んでの食事会。土曜日は、会計系コンサルティング会社の会社説明会でLAオフィスの担当者にお話を伺う。今日は、お世話になっている某損保米国法人CEOにサンタバーバラのワイナリーに連れて行ってもらったのですが、なんと、そこで対応してくれたおじさんが、なんとアンダーソンの卒業生でした。超偶然

このおじさん、なんでもアンダーソン卒業後、テクノロジー系の仕事に携わり、その後引退して、今はワイナリーでマーケティングなどの仕事をしているとのこと。キャリアを全く感じさせないほどの、おっさん姿ぶりに、一瞬、私がアンダーソンに通っていると言ったのにあわせているだけかと疑ってしまいましたが、環境も環境、燦々とふりそそぐ太陽の下で働いていると、角が取れるというか、競争社会とは無縁というか、ハッピーリタイヤメントってこんなかんじなんだぁ~と勝手に決め付けてしまいました。将来ワイン農場買収なんて良いかも、なんて011.gif

(このワイナリーの写真取り忘れたので、別のワイナリーの写真を掲載)
f0185831_18124071.jpg
f0185831_1812537.jpg


個人的にワインとフットボールはビジネススクールでの隠れ必修科目と思っているのですが、まずは、ワインをコツコツ学んでいこうと思います。どう考えても、ワイン>ECONでしょ~028.gif

ちなみに、土曜日にはアンダーソンの同窓会のようなものも開かれており、アルムナイ付けの週末でした。
[PR]
by andersonite | 2008-10-27 18:34 | 生活

はじめまして、こんにちわ。

はじめまして、コーヘーです。

2年です。

Andersonに入学してからはや一年。速攻で過ぎ去った一年ですが、
得たものは大きい。大きすぎてます。。 本当に良かった。

いろんなことが馴染んできた。ヒジョーに快適な2年目です。

ということで、

今期は授業も多め。どれも真面目にやってるので結構タフ。
我ながら、よう勉強しとります。


今週末も盛りだくさんでしたが、もうオネムなので、本日はこの辺で。
また、ボチボチ投稿します。


写真がないと寂しいので、↓夏の旅より。
f0185831_1511744.jpg

>IKEちゃん、投稿おそくてスンマソ。


でわ。
[PR]
by andersonite | 2008-10-27 15:52 | 自己紹介

お風呂

はじめまして、UCLA Anderson2年生のFukuです。

Work Hard, Play Hardというお題のブログですが、Work Hard, Play Hardしたら、当然疲れますよね。疲れたら、やっぱりお風呂ですよね。
海外生活をしていて、ほぼ間違いなくないもののひとつが、「普通のお風呂」です。
日本であれば、ユニットバス付のアパートをのぞけば、普通の家庭にたいてい、お風呂があります。でも、海外にはたいていそんなものはありません。家探しをして、バスタブとシャワーブースが分かれている家が見つかれば御の字です。バスタブにつかって、シャワーブースでカラダを洗うことができます。
バスタブといっても、通常は、非常に浅い&脱水口がとても低いところについているため、「湯船にザバーン」というわけにはいかないのです。
(ちなみに、昔、オランダにすんでいたときに、会社の先輩にもらった
Deep Bath”という商品。衝撃的でした。特に出張先で大変重宝しました。)

というわけで、「湯船にザバーン」というのは、夢なわけです。
とくに、毎日、深夜まで小難しい読み物を読んで、学校に行って半日、授業に出た後に、寒い部屋でグループミーティングなんて生活をしていると、カラダがカチコチに凝ってきます。(アメリカの人は、こういう状態になると、わりと「ジムに行って一汗かく」という解決法を取るようですが、私のようなレイジーな人間にはとっても無理なことです。)
そんな、疲れた体を、いやしてくれるのはどこだろう?と検索した結果、発見したのがKorean Townにある、Grand Spaです。
リンクを張っているので、HPが見られると思いますが、実際には、
「普通の銭湯」レベルのお風呂屋さんです。より正確な比較対象としては、「カプセルホテルのお風呂」でしょうか。
でも、普通の銭湯レベルというのが、アメリカに住んでると、すばらしいのですよ。(少なくとも私には。)
24時間営業のこのグランドスパ、普通温度、高温、冷水の3つの湯船、サウナもスチームと、ドライの二つあります。すわって洗える淡い場と、たって浴びるシャワーエリアがあり、完璧な銭湯ライフをおくることができます。

いくつか注意点といえば、
- 韓国人をメインターゲットにしているため、店内はほとんど韓国語です。風呂の中で見られるテレビも韓国のテレビです。
- 衛生レベル(特に洗い場)は、正直、日本のお風呂には劣ります。ただし、湯船はきれいなので満足しています。
- あかすりはお勧めしません。30分でお願いしたのに、15分くらいでいい加減に終了でした。
- シャンプー、コンディショナー、石鹸、歯ブラシ、タオルなど完全常備ですので、着替えの下着だけ持っていけばよいのですが、シャンプー、コンディショナー、石鹸は、なんだかクオリティが。。。という感じなので、自前で持っていってます。
- Korean Townまで、I-10を西に行くのですが、これが常に渋滞しています。なので、私はいつも、渋滞のなくなる時間に行きます。たいてい、9時か10時過ぎ。9時以降は入場料が20ドル(9時までは15ドル)になります。


以上の注意点をふまえますと、約一時間、じっくりお風呂につかって、じわーっとあったまったカラダを心地よく感じながら、帰途のドライブに着くことができるのです。帰ったら、熟睡です。

Grand Spa
2999 West 6th Street
Los Angeles, California 90020
[PR]
by andersonite | 2008-10-27 14:37 | 生活

コア授業について

今週でMBAの本プログラムが始まってから4週間が経ちました。まだまだ始まったばかりですが、少し授業の感想などを書かせていただければと思います。(長いです)

アンダーソンの秋学期のコア科目は、マーケティング、統計、会計、経済(ミクロ)、ファイナンスの5つです。ファイナンスは後半から始まるので今のところ4つを体験してきたことになります。

とりあえず、私の感想はケースが面白いということです。実際に存在する会社の名前が出てくるというのは、勉強するにあったって非常に興味をそそられます。私は日本の教育しか受けたことがありませんが、日本の教科書や授業において、あんまり実際の会社の名前を見た記憶がありません。(さぼってたからかもしれませんが・・・)A社、B社といわれるより、SonyがTOYOTAがといわれたほうが興味がわきます。

アンダーソンに限ったことではないと思いますが、授業や教科書には実際に存在する会社の名前がバンバン出てきます。マーケティングの授業では過去の会社のCMなどが頻繁に登場します。実践的な感覚を養う上で、実際の企業の戦略等に触れるのは非常に楽しいです。

マーケティングや会計では比較的、実際のケースを使いやすい思いますが、統計や経済の授業においても、教授は学生がわかりやすいようにケースを組み込んだり、新聞の記事を使って今までやってきたレクチャーの内容を説明したりします。

私はビジネススクールを選ぶうえで、論理的な授業と実践的な授業のバランスがとれている学校を選ぶようにしていました。理論があって初めて実戦的な経験が生きると考えていたからです。最初の一年間はケースをからめつつ、強力な理論の基盤を築いた上に、AMRでさらに実戦的なスキルを磨くというアンダーソンのカリキュラムは私にとって理想的だと思ったのを覚えています。実際に授業を受けてみて、今のところアンダーソンのコアの授業のケースとレクチャーのバランスはちょうどいいと考えています。

ただ、ひとつだけネガティブな点を挙げるとすれば、教授が選べない点です。中にはわかりにくい教授もいたりします。

ということで以上です。
[PR]
by andersonite | 2008-10-25 07:48 | 学業

Time management

もっと時間が欲しい・・・ 

見にくいと思いますが、今週のスケジュールです。
(画像をクリックすると若干見やすくなります)
f0185831_4563247.jpg


月曜日
・午前中にSTATS(統計)、ECON(経済)の授業。
・昼食時間はクラブ活動の説明会に参加する予定であったが、突如クラスメイトとMARK(マーケティング)のグループ課題について話合うことになりキャンセル。
・午後はMARKの授業。MARKは毎日あります。
・4時から1時間、再度、木曜締め切りのMARKのグループ課題打ち合わせ。
メンバーは私の他に4名いて、GE出身(米、男)、エンジニア(米、男)、エンタメ(米、女)、弁護士(香港、女)で、いろいろな考え方が学べ面白い。
・ミーティング終了後、翌日のMARKのケースの予習、MARKのグループ課題の回答作成

火曜日
・午前中は、引き続き、MARKのグループ課題打ち合わせ。
・昼食は2年生と。
・午後にMARKの授業。
・その後、翌日3科目分の予習に取り掛かる。結構重い。EMA(エンターテインメントクラブ)のキックオフがあったがパス。

水曜日
・月曜と同じパターンで3つの授業。
・授業終了後、Parker Career Management Center (PCMC)というAndersonの就職サポート部門が提供しているトレーニングに参加。授業以外に就職活動関連のイベントが次から次へと降ってきて、スケジュール調整するだけで大変。
・その後、翌日のMARKとCorp Entre(アントレ)の予習に取り掛かる。Corp Entreだけエレクティブで3時間枠となっている(私は、会計バックグランドがありアカウンティングをWaive)。このCorp Entreのリーディングが相当あり(まともに全部読むと150Pくらい)。斜め読みしまくり。

木曜日
・午前中は引き続き、Corp Entreの予習と金曜が締め切りのECONのグループ課題に取り掛かる。
・午後、MARKの授業終了後、1時間図書館で引き続き、Corp Entreの予習(この授業コールドコールあります。*コールドコール=突然教授から指され、ケースの背景、問題点、解決策、などを問われる怖~い指名のこと)
・コールドコールは受けず、Corp Entre終了。
・授業終了後、ジムで1時間汗を流す。その後、明日のECONのグループ課題打ち合わせの準備。

金曜(予定)
・カリフォルニア州自動車免許の試験。
・ECONグループ課題打ち合わせ。
・翌日のSTATSのグループ課題の回答作成。
・夜はクラスの友達とMedieval Timesという、ライブコメディーショーを見に行く。
http://www.youtube.com/watch?v=T0_If-F0eXE

土曜日(予定)
・午前中は翌週月曜日が提出期限のSTATSのグループ課題打ち合わせ。
・STATSのオンライン試験を受ける。
・午後は、自由時間。
・食料買出し。

日曜日(予定)
・翌月曜日の3科目の予習。
・そして夕方から、Dodgersのポストシーズンマッチを観戦予定(来週末はLakersを見に行きます)。
・帰宅後、多分予習。。ヘトヘト

と、こんな感じです。忙しいのは、予習に時間をかけすぎているからだと思っています。予習+授業で理解度7-8割くらいになれば個人的には十分なので、来週はもう少し勉強時間を短縮しようと思っています。せっかく留学しているのだから、勉強以外にもいろいろやらないともったいない。That's what the MBA life is all about! 時間管理、超重要です。
[PR]
by andersonite | 2008-10-11 05:43 | 生活

せみなー

f0185831_244266.jpg


秋の訪れを感じる涼しい一日でした。

昨日、Southern Calの日本出身のサイエンティストの方々のネットワーキングの場
であるSCSNに、Andersonの日米交流クラブJABAが場所を提供させていただく
形で、セミナーを開催しました。

某米国金融機関のビバリーヒルズ支店の方と、それとUC Santa Barbaraの考古学者
の方の講演で、UCLA内外の研究者やビジネスパーソンが40名ほど集い、大いに
盛り上がりました。

NASAからファンドをもらって研究している方、国防総省からサラリーをもらっている方、
医療や宇宙などそれぞれの分野の最先端で活躍している日本人の方って、実はこんなに
いるんだと実感した次第です。会話とか質問とか、なんかすごく知的な感じ。

さて金融セミナー中の簡単なクイズ・・・
年間5%の利回りで運用すると、2倍になるのは何年後でしょう?(3択)
正解したかって・・・?それは秋の空に聞いてくれ。
[PR]
by andersonite | 2008-10-06 03:21

Pre-Orientation Trip

ロサンゼルスに来て、約3か月が経ちました。振り返ってみると、サマースクールで助走をして、先月に行われた Pre-Orientation Trip くらいから MBA ライフが本格化してきた気がします。
f0185831_18333523.jpg
Pre-Orientation Trip では、私はカタリナ島、一泊二日の旅に行ってきました。言葉や文化の壁で大変な面もありますが、最終的にはいい思い出になると同時に、良い友達もできました。

秋学期が始まって、現在、大学受験モードのような感覚。平日は予習、グループワークと、全く時間がありません(Work Hard)。今日は、一週目の最終日。Anderson afternoon という交流イベントがありました。グループメンバーに誘われるも、「眠いので・・・」と本音で断る。それでも、誘ってくれる。「じゃ、いくよ。ありがとう。」ということで、出陣。なんだかんだいいながら、人が少なくなるまで楽しむ(Play Hard)。
[PR]
by andersonite | 2008-10-03 18:54 | 課外活動

Diversity

さっそく書き込みします!僕も自己紹介から。 

class of 2010のYasuと申します。僕は2003年に日系証券会社に入社後、株価の上昇の恩恵を全身に受けながら3年間リテール営業を経験しました。その後、同じ会社の経営企画部という部署で危機管理みたいなことをやり、さらに数か月、人事部で採用関連の仕事に携わりました。5年間の勤務経験の後、会社派遣でAndersonに来てます。

さて、MBAプログラムが始まってまだ数週間ですが、AndersonのDiversityについて感じたことをご紹介したいと思います。

僕はエッセイを書くにあたって、どの学校のwhy schoolにも必ずと言っていいほどDiversityを挙げていました。どの学校もDiversityを強調してるから、まず使って間違いないだろうみたいなノリで使ってました。

で、実際Andersonに入っての感想、かなりDiverseしてます。生徒の国籍やバックグラウンドはもちろんですが、そのほかに例えば僕のスタディーグループでは、全員2ヶ国語以上しゃべれます。みんな海外に住んだことがあります。また、MBA後の就職先についてもかなりさまざまです。ひとつの会社に何十人という感じではなく、幅広い業界、会社に進んでいくというような感じです。卒業後の進路もDiverseしているという説明を、オリエンテーション中に受けました。

ということで、今後もできるだけ定期的に投稿します。よろしく~

Yasu
[PR]
by andersonite | 2008-10-01 10:42 | 課外活動
line

今週も Anderson Afternoon へ行こう!


by andersonite
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31